2022年9月5日|利用規約改定

お知らせの種類
お知らせ
💡
2022年9月5日付けで、MOSH利用規約が一部変更になります。 以下をご確認いただきご利用いただけますようお願いいたします。

1. 主な変更内容

単語単位での全置換(利用規約内)

置換前
置換後
頂く
いただく
ホスト
クリエイター

※ヘルプページ・お知らせ・アップデート情報内に関しては、一部ホストの表記が残っている場合がございます。

2.変更後の利用規約

クリエイターに関する利用規約

条項
置換前
置換後
第7条1項
ホストは、第11条第6項及び第15条第1項に定める本決済サービス(第10条第1項で定義します。)の利用手数料を除き、本サービスを無料で利用できるものとします。ただし、当社は30日前に予め告知を行ったうえで、本サービスを有料サービスに変更できることとします。
クリエイターは、第11条第6項に定める決済手数料及び第15条に定める本決済サービス(第10条第1項で定義します。)の利用料を除き、本サービスを無料で利用できるものとします。ただし、当社は30日前に予め告知を行ったうえで、本サービスを有料サービスに変更できることとします。
第10条4項
ホストが本決済サービスを利用した場合における利用者間契約の料金の決済、本決済サービスの利用手数料の支払い及びレッスン等のキャンセル時におけるキャンセル料の返還の方法等については、次条及び第15条に定めるほか、ストライプ社の定める本決済サービスの利用条件に従うものとします。
クリエイターが本決済サービスを利用した場合における利用者間契約の料金の決済、決済手数料の支払い及びレッスン等のキャンセル時におけるキャンセル料の返還の方法等については、次条及び第15条に定めるほか、ストライプ社の定める本決済サービスの利用条件に従うものとします。
第11条3項
前項の場合、ゲストから支払われた利用者間契約の料金は、ゲストから支払いがなされた日の属する月の翌月25日頃に、第6項に定める本決済サービスの利用手数料を控除したうえ、本決済サービス上のホストのアカウントに送金されるものとします。なお、本決済サービスの仕様により、送金日が最大24時間程度前後する場合があり、ホストは予めこれを了承するものとします。
前項の場合、ゲストから支払われた利用者間契約の料金は、ゲストから支払いがなされた日の属する月の翌月25日頃に、第6項に定める決済手数料を控除したうえ、本決済サービス上のクリエイターのアカウントに送金されるものとします。なお、本決済サービスの仕様により、送金日が最大24時間程度前後する場合があり、クリエイターは予めこれを了承するものとします。
第11条6項
第2項の場合、当社は、本決済サービスの利用手数料として、ゲストから受領した料金の8%相当額(当該金額には、当社からストライプ社に支払う料金が含まれるものとします。)を受領するものとします。ただし、ゲストがレッスン等の受講をキャンセルした場合についてはこの限りでなく、この場合における本決済サービスの利用手数料は、第15条第1項の定めに従うものとします。
第2項の場合、当社は、決済手数料として、ゲストから受領した料金の8%相当額(当該金額には、当社からストライプ社に支払う本決済サービスの利用料が含まれるものとし、ストライプ社が本決済サービスの利用料額を変更した場合には、当該変更となった金額に応じて決済手数料額も変更となる場合があります。)を受領するものとします。ただし、ゲストがレッスン等の受講をキャンセルした場合についてはこの限りでなく、この場合における本決済サービスの利用料の取扱いについては、第15条の定めに従うものとします。
第15条1項 および 1項1号と2号
ホストは、通常契約によってゲストとの間でレッスン等の実施契約を締結する場合、当該契約の内容として、ゲストがレッスン等の受講のキャンセルを申出た場合における対応及びキャンセル料につき、以下のとおり定めるものとします。   1. ホストの設定したキャンセル期限後におけるキャンセルの申出 キャンセルは不可とし、ゲストによるレッスン等の受講の有無にかかわらず、レッスン等の利用料を全額請求するものとします。本決済サービスによる決済によりレッスン等の利用料を受領済みの場合は、当該受領済みの利用料を返還しないものとします。  2. ホストの設定したキャンセル期限までにおけるキャンセルの申出 キャンセルを受け付けるものとしたうえ、利用料の決済方法に応じ、以下のとおり、キャンセル料を定めます。   A クレジットカード払いの場合 キャンセル料は、レッスン等の利用料の3.6%相当額とし、受領済みの利用料から当該キャンセル料を控除した残額を、本決済サービス上にてゲストに返還するものとします。この場合、本決済サービスの利用手数料として、当該キャンセル料相当額をストライプ社が受領するものとします。   B 現金払いの場合 キャンセル料は無料とします。
クリエイターは、通常契約によってゲストとの間でレッスン等の実施契約を締結する場合、当該契約の内容として、ゲストがレッスン等の受講のキャンセルを申出た場合におけるキャンセルの可否及びキャンセル料につき、本サービス上でキャンセルポリシーを定めるものとし、ゲストは、当該キャンセルポリシーにおいてキャンセルが認められた期間内に限って、本サービス上で受講キャンセルの操作を行うことができます。
第15条2項
ゲストが回数券を使用して予約を行ったレッスン等の実施をキャンセルした場合には、前項第1号の場合には回数券が使用されたものとして取り扱うものとし、また、前項第2号の場合には回数券は使用されなかったものとして取り扱うものとします。
前項の定めに従ってゲストがレッスン等の受講をキャンセルした場合において、キャンセルポリシーの定めに従いキャンセル料が発生する場合には、クリエイターは、自己の費用と責任で当該キャンセル料の支払いをゲストに請求するものとし、クレジットカード決済により受領済みの料金がある場合には、当該料金から以下の各号に定める金額を控除した残額をゲストに返金するものとします。 (1) キャンセルポリシーの定めによりキャンセル料が発生する場合には、当該キャンセル料金額 (2) 本サービス上のキャンセル手数料として、受領済みの料金の3.6%相当額。なお、当該キャンセル手数料には、本決済サービスの利用料が含まれるものとし、ストライプ社が本決済サービスの利用料額を変更した場合には、変更後の利用料額に従ってキャンセル手数料の金額も変更となる場合があります。 ※赤字の部分は号が追加になってます
第15条3項
なし(存在しません)
ゲストが回数券を使用して予約を行ったレッスン等の受講をキャンセルした場合おいて、キャンセルポリシーの内容に従いキャンセル料が発生する場合には、当該回数券が使用されたものとして取り扱うものとします。
第15条4項
なし(存在しません)
キャンセルポリシーにおいてキャンセルが認められていない場合(キャンセル可能な期間を経過した場合を含みます。)においてゲストがレッスン等の予約のキャンセルの希望する場合、又はクリエイターからレッスン等の予約のキャンセルを求める場合、クリエイターは、当該ゲストとの間で個別に連絡を行い、双方の協議によって、キャンセルの可否、キャンセル料の有無、支払い済み料金の返還の有無・金額及び方法、キャンセル手数料の負担(クレジットカード決済により受領済みの料金がある場合には、第2項第2号に定めるキャンセル手数料が発生します。)、その他キャンセルに関する諸条件について取り決めたうえ、本サービス上でキャンセル手続きを行うものものとします。当社は、ゲストとクリエイターとの間の当該協議について関与せず、当該キャンセルに関する取り決めについて、一切の責任を負わないものとします。
第15条5項
なし(存在しません)
前項に定めるクリエイターとゲストとの間の協議により、クレジットカード決済によって受領済みの料金をゲストに全額返金することとなった場合であっても、当該料金の中から第3項第2号に定めるキャンセル手数料を控除する必要があります。当該キャンセル手数料相当額も含めてゲストに返金することが必要となる場合には、クリエイターは、本サービス外において、別途銀行振込等の他の手段によってゲストに支払いを行うものとし、当社は、当該支払いについて一切関与しないものとします。
第26条12項
本規約に定める免責条項が適用されない等の理由により、当社が本利用者又は第三者に対して責任を負うべき場合、当社に故意又は重過失がある場合を除き、それらの責任に基づく損害賠償額はいかなる場合でも、当該本利用者が当該損害が発生した日から過去6か月間に当社に対して支払った本決済サービスの利用手数料(当社からストライプ社に支払った料金部分を除きます。)の合計額、又は金5万円のいずれか高い方を上限額とすることに、本利用者は予め同意します。なお、本利用者は、本利用者がこの上限額の定めに同意しない限り当社が本サービスを提供しないことを十分に理解の上で、予め同意し承諾するものとします。
本規約に定める免責条項が適用されない等の理由により、当社が本利用者又は第三者に対して責任を負うべき場合、当社に故意又は重過失がある場合を除き、それらの責任に基づく損害賠償額はいかなる場合でも、当該本利用者が当該損害が発生した日から過去6か月間に当社に対して支払った決済手数料(当社からストライプ社に支払った本決済サービスの利用料金部分を除きます。)の合計額、又は金5万円のいずれか高い方を上限額とすることに、本利用者は予め同意します。なお、本利用者は、本利用者がこの上限額の定めに同意しない限り当社が本サービスを提供しないことを十分に理解の上で、予め同意し承諾するものとします。
【附則】
2017年10月1日 制定・施行 2019年4月19日 改定 2021年12月27日 改定
2017年10月1日 制定・施行 2019年4月19日 改定 2021年12月27日 改定 2022年9月5日 改定

ゲストに関する利用規約

条項
置換前
置換後
第10条3項
ゲストは、レッスン等の予約をキャンセルする場合、サービスページに記載のキャンセルポリシーに従うものとします。なお、キャンセルの状況及びキャンセルポリシーの内容次第でキャンセル料が発生(回数券契約において回数券が1回使用されたものとして扱われることを含みます。)する場合があります。
ゲストは、レッスン等の予約のキャンセルを希望する場合、クリエイターがサービスページ上で定めるキャンセルポリシーに従うものとし、当該キャンセルポリシーにおいてキャンセルが認められた期間内に限り、本サービス上で予約キャンセルの操作を行うことができます。この場合、キャンセルポリシーの内容次第でキャンセル料が発生(回数券契約において回数券が1回使用されたものとして扱われることを含みます。)する場合があります。
第10条4項
ホストがオンライン開催によりレッスン等を実施する場合において、通信サービスの仕様や不具合等によってレッスン等が実施できなかった場合(映像や音声に乱れが生じた場合や、レッスン等が中断された場合等を含みます。)であっても、当社は、これによってゲストに生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。
ゲストは、前項の定めに従いレッスン等の予約をキャンセルした場合において、クレジットカード決済により支払済みの料金がある場合には、キャンセルポリシーの内容に従って、当該料金の全部又は一部の返金を受けることがあります。ただし、当該返金を受けることのできる料金からは、キャンセル手数料として、当該支払い済み料金の3.6%相当額が差し引かれるものとし、ゲストは予めこれを承諾するものとします。なお、当該キャンセル手数料には、ストライプジャパン株式会社(以下「ストライプ社」といいます。)の提供する決済サービス「Stripe Connect」(以下「本決済サービス」といいます。)の利用料が含まれるものとし、ストライプ社が本決済サービスの利用料額を変更した場合には、変更後の利用料額に従ってキャンセル手数料の金額も変更となる場合があります。
第10条5項
なし(存在しません)
キャンセルポリシーにおいてキャンセルが認められていない場合(キャンセル可能な期間を経過した場合を含みます。)においてゲストがレッスン等の予約のキャンセルを希望する場合、又はクリエイターからレッスン等の予約のキャンセルを求められた場合、ゲストは、当該クリエイターとの間で個別に連絡を行い、双方の協議によって、キャンセルの可否、キャンセル料の有無、支払い済み料金の返還の有無・金額及び方法、キャンセル手数料の負担(クレジットカード決済により支払い済みの料金がある場合には、前項に定めるキャンセル手数料が発生します。)、その他キャンセルに関する諸条件について取り決めるものとします。当社は、ゲストとクリエイターとの間の当該協議について関与せず、当該キャンセルに関する取り決めについて、一切の責任を負わないものとします。
第10条6項
なし(存在しません)
クリエイターがオンライン開催によりレッスン等を実施する場合において、通信サービスの仕様や不具合等によってレッスン等が実施できなかった場合(映像や音声に乱れが生じた場合や、レッスン等が中断された場合等を含みます。)であっても、当社は、これによってゲストに生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。
【附則】
2017年10月1日 制定・施行 2021年12月27日 改定
2017年10月1日 制定・施行 2021年12月27日 改定 2022年9月5日 改定

💐
お困りごとがありましたら、カスタマーサポートチームにお気軽にご連絡ください。 こちらのリンク からLINE@を友だち追加できます MOSHカスタマーサポート窓口 営業時間 9:00 〜 22:00